/

22~23日に大雪の恐れ 東京23区など積雪も

1月末にかけ強い冬型の気圧配置続く

気象庁は21日、22日の昼ごろから23日朝にかけて関東甲信地方や東北地方の太平洋側を中心に大雪の恐れがあると発表した。本州の太平洋側から急発達しながら進む「南岸低気圧」の影響で、東京23区など普段雪の少ない関東平野部でも大雪となり、積雪の可能性もあるという。気象庁は交通機関の乱れや路面凍結による事故などへの注意を呼びかけている。

1/22 05:00JST

気象庁によると、22日は南岸低気圧が本州の南側を発達しながら東へ進み、同日夜に関東付近に達する。23日正午まで24時間の予想降雪量は、多いところで東北地方20~40センチ、関東甲信地方20~50センチ、関東地方の平野部で10~40センチ。東京23区なども5~10センチの降雪の恐れがある。

雪のピークは22日夕から夜とみられる。気象庁は積雪などにより22日の帰宅時間帯に交通機関が大きく乱れたり、23日朝に路面凍結で車がスリップしたりする危険性があるため「時間に余裕を持つなど安全な行動を心がけてほしい」(担当者)としている。

22日の最高気温は東京4度、宇都宮3度、大阪6度と予想。

23日以降は日本の上空に強い寒気が流れ込み、1月末にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込み。気象庁は北日本から西日本の日本海側を中心に断続的に雪が降る可能性があるとして、なだれなどに注意するよう求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン