/

この記事は会員限定です

ソニー、再びTVで稼ぐ 部門営業益1000億円へ

3年後3割増狙う

[有料会員限定]

ソニーはテレビ事業の利益を伸ばす。高画質の4Kテレビを中南米や中東で拡販し、3年後をめどにオーディオなどを含む部門の営業利益を1000億円規模と2018年3月期予想に比べ3割増やす方針だ。テレビはかつてソニーが業績不振に陥る要因となったが、世界需要はなお2億台を超える。高付加価値品に集中して採算を改善し、半導体やゲームに続く収益の柱にする考えだ。

2000年代初めまでソニーの業績を支えたテレビ事業は、液...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン