2019年1月20日(日)

米国が直面するオピオイド危機(IN FOCUS)

IN FOCUS
2018/1/25 6:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

母親が薄暗い病室で、静かに眠る赤ちゃんをみつめる。米東部ウェストバージニア州ハンティントンのキャベル・ハンティントン病院。新生児専用の病棟だが、入院しているのは薬物中毒の母親の影響で、生まれながらに薬物依存症を抱えた赤ちゃんだけだ。

ここで産声を上げる赤ちゃんの実に3人に1人が依存症があり、ときに震えやこわばりなどの禁断症状をみせる。常時15~20人ほどの新生児が入院し、治療薬を投与して少しずつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報