2018年11月14日(水)

今年も減った年賀状 「一物二価」ににじむ不安
霞が関2018

政策研究
コラム(経済・政治)
2018/1/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通常のはがきを2017年に62円に値上げし、年賀はがきは52円に据え置いた日本郵便。2つの料金設定を迫られたのは、郵便事業が年賀はがきに依存する構造から抜け切れていないためだ。減り続ける年賀状に頼る収益体質が、現場と利用者に負担を強いた。

「1月8日以降はそのままでは使えないのでお気を付けください」。12月下旬、東京都内の郵便局で年賀はがきを購入した際、局員にこう言われた。

■あらゆる場所で料金説

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報