/

この記事は会員限定です

官民の支援拡充追い風 資金調達「VCから」25%

西日本スタートアップ企業調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社が実施した「西日本スタートアップ企業調査」で、上場を準備・検討している企業では起業前後にベンチャーキャピタル(VC)から資金調達している割合が25%に達した。地域別には京阪神で多い。調達手段の多様化や、官民の経営支援策の充実で黒字化、上場へのハードルが下がったとの見方が多い。地域経済の活性化にもつながりそうだ。

資金調達先は3つまでの複数回答で尋ねた。西日本全体では自身の資金が82%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1468文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン