/

市職員評価 民間と連携 鯖江、システム試験導入

福井県鯖江市は人事コンサルティング会社、あしたのチーム(東京・中央)と連携した人事評価制度を4月から試験的に導入する。同社が民間企業向けに提供する人事評価システムを応用し、一部の部署で1年間運用する。市職員のモチベーションが上がる評価につなげるのが狙いで、全職員への導入も検討する。

同社のシステムを自治体など行政が使うのは初めて。昨年11月、顧客対応にあたるサテライトオフィスを同市に開いたのがきっかけで、連携につながった。

北陸3県の18社を含む全国約1100社が導入している「ゼッタイ!評価」を活用する。3カ月ごとの目標や成果、管理職の部下に対する評価内容について、あしたのチームのAI(人工知能)システムや社員が評価、助言するサービスだ。例えば、目標の修正の指示や、独自の評価基準から達成度合いを数値で示す機能がある。

鯖江市版も基本的に同じ内容だが、試験的な導入のため、目標に対する評価を個人の給与査定などには反映しない。当初は約30人が対象になる。

牧野百男市長は19日の記者会見で「状況を見ながら、2019年度は(約400人の)全職員に対象を広げたい」と本格導入に意欲を見せた。

あしたのチームの鯨岡務執行役員は「全国の複数の自治体が導入に興味を示している。鯖江市の事例がモデルケースになればと思う」と期待した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン