/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、ウーバー操縦へ大物2人派遣

トラブル一掃、経営立て直し

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)は、ウーバーテクノロジーズに2人の「大物」を取締役として送り込む。いずれもSBGの取締役で、孫正義会長兼社長がその手腕を認める人物だ。ウーバーの経営戦略強化と組織の立て直しに全力で取り組む意思の表れとも言える。

一人はサウジアラビアと立ち上げた10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の運用トップであるラジーブ・ミスラ氏だ。ドイツ銀行で債券部門の責任者を務める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン