/

この記事は会員限定です

オウム、謎残したまま 核心語られず裁判終結へ

(更新) [有料会員限定]

オウム真理教事件の刑事裁判は元教団代表、松本智津夫死刑囚の公判だけでも計250回超に及んだ。同死刑囚は動機など核心を語らないまま死刑が確定。事件は謎を残したままだ。

13事件で計27人を死亡させた罪に問われた松本死刑囚の公判は1996年4月に開始。裁判所は国選弁護人を12人選任し、役割を分担させることで審理迅速化を狙った。

しかし、弁護団は争点を絞らず細部を争う戦略をとり、検察側立証が25年かかる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン