/

「飲むだけで痩せる」 9社に課徴金1億円命令

消費者庁は19日、葛の花から抽出したイソフラボンを含む機能性表示食品を「飲むだけで痩せる」などと広告した食品販売業者など9社に対し、景品表示法違反(優良誤認)に基づいて計約1億1千万円の課徴金納付命令を出した。

納付命令を受けたのはステップワールド(東京・渋谷)やハーブ健康本舗(福岡市)など。各社は「ヘラスリム」や「葛の花サプリメント」など9商品について、自社サイトや雑誌広告などで「飲むだけで内臓脂肪が減る」などと虚偽の広告を出していた。

消費者庁は2017年11月、9社を含む16社に再発防止などを求める措置命令を出した。7社は該当商品の売り上げが5千万円以上などの課徴金の対象要件を満たしていなかったため、納付命令は見送った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン