2019年6月16日(日)

起業 地域で芽吹き大樹に 西日本スタートアップ調査

地域
(1/2ページ)
2018/1/20 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地元で創業し、既に黒字を確保。独自の技術やノウハウを生かして会社を成長させ、雇用や納税で地域経済に貢献したい――。日本経済新聞社が実施した「西日本スタートアップ企業調査」から、こんな起業家像が浮かび上がってきた。

「ここ数年、スタートアップ企業が育つ条件が整ってきたと感じる」。大阪商工会議所で人工知能(AI)などの実証実験に携わる楠本浩司・経済産業部長はこう話す。

主な理由は3つ。低金利で資金調…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

官民の支援拡充追い風 資金調達「VCから」25%[有料会員限定]

2018/1/20 0:00

「IT人材必要」70% IoTやAI導入で即戦力求める[有料会員限定]

2018/1/19 12:00

「3年内の上場」16% 2社に1社が黒字[有料会員限定]

2018/1/5 2:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報