2018年4月20日(金)

20歳までの2百人に教育クーポン、兵庫県尼崎市で

2018/1/19 9:45
保存
共有
印刷
その他

 兵庫県尼崎市は経済的に困窮している子どもたちに豊かな教育環境を提供しようと、学習塾や習い事、保育サービスなどのクーポンを無償提供する事業を始めると発表した。0~20歳の約200人に、年齢に応じ年間約14万~29万円分を配布する。既に利用先として、市内などの約120事業者が登録されているという。

 市によると、対象は1998年4月2日以降生まれの同市居住者。保護者や、世帯主となった本人が生活保護を受けていることなどの所得条件がある。今月下旬から3月上旬まで申し込みを受け付け、多数の場合は抽選。クーポンは4月1日から1年間有効となる。

 事業は尼崎市に拠点がある貧しい子どもたちの支援などに取り組む団体「コレクティブ・フォー・チルドレン」が実施主体で、市は案内チラシの配布などで後援。資金は同団体を支援する日本財団が拠出する。団体は「クーポンの配布で、高校生相当の年齢以上まで広く支援するのは珍しい」としている。

 尼崎市の稲村和美市長は記者会見で「全ての子どもにチャンスが広がることが大事。支援を進めていきたい」と強調した。〔共同〕

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報