/

この記事は会員限定です

「農地バンク」に黄信号 耕作放棄地の仲介進まず

[有料会員限定]

農作物が作られず放置された耕作放棄地が全国で広がっている。放棄地を地主から若手農家など担い手へ仲介・賃貸する政府の「農地バンク」による実績は当初の目標を大きく下回る。放棄地は耕作しにくい場所や形状が多く、事業は思惑通りにいかない。一方、地域再興を目指して民間主導で使いやすい農地へと再生する動きが目立ちだした。

新潟県魚沼市に住む70代男性は2年前にコメ作りをやめた。緩やかな傾斜地にある田んぼは放置...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン