九大起業部、創出第1号 診断ソフト開発ベンチャー

2018/1/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州大学公認で学生ベンチャーを創出・育成する部活動「九州大学起業部」から第1号のベンチャーが誕生した。患者の細胞から病気を診断する病理検査で使う画像診断支援ソフトを開発するベンチャーで、2年以内の提供をめざす。九大は新事業創出や人材輩出に向けて起業家育成に注力しており、起業部は平均年5社のベンチャー創出を目標に掲げる。

新たに設立したメドメイン(福岡市)は、九大医学部4年生の飯塚統氏が社長を務め…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]