2019年9月15日(日)

京葉銀、事務作業をソフトで自動化

2018/1/18 22:00
保存
共有
印刷
その他

京葉銀行は18日、パソコンのデータ入力などの定型作業を自動でこなすソフトウエアを導入し、行員の業務を効率化する試みを始めた。本部が各支店から集約した融資や預金の量といったデータを自動で集計する。5月末まで試行し、効果を検証したうえで本格導入を検討する。

事務作業を自動で担うNTTデータの「ウィンアクター」などを本部の各部署に取り入れ、事務作業の生産性を高める。例えば、金融商品の申し込み状況や、取引先の決算書のデータ入力などの作業が対象となる。試行期間中に計140業務の自動化を試み、実用性を検証する。

これまでは数値入力などを手作業で実施していた。自動化すれば、入力ミスを減らせる利点がある。同行によると、ソフトの導入で定型業務の処理時間を3~7割削減できるという。熊谷俊行頭取は「行員はコンサルティングなど付加価値の高い業務に時間をかけるべきだ」と話す。

定型業務の自動化ソフトは「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ぶ。千葉県内の地方銀行では千葉銀行が2017年からRPAを試験導入しているほか、千葉興業銀行も17年度中に取り入れる方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。