/

この記事は会員限定です

肉食は死なず、「東京カレンダー」の世界(日経MJ)

[有料会員限定]

街にあふれるコスパ、激安の文字。バブルは過去となってしまったのか。いや、違う。嫌みなほど高級志向な人しか登場しない雑誌「東京カレンダー」が今、人気を集める。高級飲食店を紹介しつつアッパー層の欲望に正直な生態がストーリー仕立てで描かれ「こんなやついる」「さすがにいない」と議論を巻き起こす。実際はどうなのか。「リアル東カレ民」を追いかけた。

 「東京カレンダー」 六本木、銀座、恵比寿などのレストランを紹介する情報誌。「港区おじさん」「丸の内にゃんにゃんOL」などキャッチーな名称で、極端にデフォルメされた高級志向の人々が次々と登場し、出会いや別れなどのストーリーの中で飲食店が紹介される。2015年に刷新されたWEB版では、連載小説や「1分港区おじさん」などの動画コンテンツも人気だ。ソフト開発のACCESSの子会社が01年に創刊。12年にITコンサルを手掛けるフューチャーグループが事業を承継し、東京カレンダー社を設立した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン