2019年1月22日(火)

JAL、成田―モスクワ増便 航空2社が路線計画

2018/1/18 20:30
保存
共有
印刷
その他

ANAホールディングス(HD)と日本航空(JAL)は18日、2018年度の路線計画を発表した。ANAHDは羽田―バンコク線を増便するほか、日航は3月末から10月まで成田―モスクワ線を増便する。訪日外国人客の増加などを背景に国内線と国際線を問わず旅客便は好調で、増便などでさらなる需要取り込みを狙う。

ANAHDは羽田―バンコク線の深夜便を6月に増やす。羽田を深夜に出発してバンコクに早朝に着く便と、バンコクを午後に出発して当日中に羽田に到着する便を設定。増加する訪日客に加え、当日中に帰国したいビジネス客に合わせた便で集客増につなげる。

日航は成田―モスクワ線を増便する。7~10月は毎日運航する。成田―バンコク線や関西―ホノルル線は1日2往復体制を維持する。羽田―バンコク線では最新の内装を備えた機材での運航を増やす。

国内線では、両社とも沖縄県や鹿児島県の離島を結ぶ路線を開設する。夏だけでなく冬にも観光地として人気が高まっており、新規路線の開設や通年運航を進める。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報