/

この記事は会員限定です

千博産業、車技術応用の制振装置が主力商品に

わが社の一押し

[有料会員限定]

アルミ建材の施工販売を手掛ける千博産業(浜松市)の木造住宅向け制振装置「evoltz(エヴォルツ)」シリーズが好調だ。2015年の発売から徐々に販売を伸ばし、現在は年間約3000棟で採用。売り上げの7割を占める主力事業に育った。

耐震機能の高い住宅でも繰り返し余震が起こると徐々に構造体が傷んで倒壊の危険が増してしまう。制振装置は構造体に取り付けることで地震の揺れ自体を吸収し、建物へのダメージを軽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン