/

LINE、資産運用に参入発表 ネット証券に出資

LINEは18日、資産運用事業に参入すると発表した。米ゴールドマン・サックスや三井物産などと共同で、インターネット証券のフォリオ(東京・千代田)に約70億円を出資した。LINEの対話アプリを使って金融商品を売買できるようにする。スマートフォン(スマホ)を使った決済サービスと連動したサービスも始める見通しだ。

出資額の大半をLINEが拠出するとみられる。2015年設立のフォリオは人工知能(AI)や「ガールズトレンド」といった投資テーマを選ぶと、個別銘柄を10社組みこんだポートフォリオをつくるサービスを提供する。10万円程度から投資できる。LINEはまず、フォリオが扱う金融商品を対話アプリのサービスメニューとして加える。スマホ決済サービス「LINEペイ」とも連動させるとみられる。株式の口座から電子マネーをチャージするなどの使い方が想定される。

フォリオは調達した資金を、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック関連の技術者の採用や研究開発に充てる。AIの機械学習や仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」などを研究し、新しい金融サービスを開発する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン