/

この記事は会員限定です

プーチン・ロシア大統領、実利探る「親日家」

シンゾウとの距離(4)

[有料会員限定]

「日本に嫌がらせをするつもりなんてない」。2017年4月、クレムリン(ロシア大統領府)で開いた通訳だけを介した1対1の会談。北朝鮮問題で「善処」を訴えて詰め寄る首相、安倍晋三(63)にロシア大統領ウラジーミル・プーチン(65)はこう答えた。

安倍が再考を求めたのは、ロシア極東ウラジオストクと北朝鮮北東部の羅先(ラソン)にロシアが新設を決めた定期航路。過去に不正送金や密輸に使われた貨客船、万景峰(マ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン