/

この記事は会員限定です

米映画館、必死の生き残り 新興国開拓や飲食併設型に変身

(グローバルViews)

ニューヨーク 西邨紘子

[有料会員限定]

米国で、庶民の娯楽を担ってきた「映画館」が岐路に立っている。業界調査によると、2017年の映画館入館者数は25年来の最低水準だった。ネットフリックスなどストリーミングサービスの普及に押され、入館者数はじりじりと減少。従来のままでは顧客に足を運んでもらえない――。映画館の生き残りに向けた取り組みが始まっている。

18年1月21日。ニューヨークで長らく映画ファンの定番スポットとなってきた名画座、サンシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン