2018年6月25日(月)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

気迫のガルシア 初戦制覇に意欲「どんどんレベルを上げる」
男子ゴルフツアー きょう開幕

2018/1/18 0:57
保存
共有
印刷
その他

 【シンガポール=吉良幸雄】今季の男子ゴルフツアーは18日、SMBCシンガポールオープン(セントーサGC)で開幕する。昨春のマスターズでメジャー初制覇を果たすなど米ツアー10勝、欧州ツアー14勝で、世界ランク10位のセルヒオ・ガルシア(38、スペイン)に話を聞いた。

SMBCシンガポールOPには2年連続出場。「色々な国で戦うことでゴルフを学び、強さにつながっていく」と語る

 ――悲願のメジャー覇者となり、今後の目標は。

 「今年の全英オープンの会場はカーヌスティ。2007年にプレーオフで敗れたが好きなコースだし、メジャー2勝目を挙げたい。(9月にパリで行われる欧州対米国の)ライダーカップもすごく大事。とにかく、自分がどんどんレベルアップして、優勝のチャンスをつくることが重要だ」

 ――母国の後輩、J・ラームは世界ランク3位。J・ローズ(英国)やR・マキロイ(同)ら欧州勢には世界で活躍している選手が多い。

 「われわれは欧州ツアーだけでなく米ツアーなど世界各地でプレーしている。ゴルフはよりグローバルになっている。いろんな国、コースで戦うことで、ゴルフというゲームを学び、それが強さにつながっていると思う」

 ――同5位の松山英樹のプレーをどう思うか。日本人男子初のメジャーVが期待されているが。

 「ヒデキはびっくりするような素晴らしいゴルフをする。昨年の全米プロ(5位)は惜しかったけど、まだ25歳と若い。メジャーで勝つチャンスは今後いくらでもあるだろう。まずは試合を楽しんで(優勝争いの)チャンスを生かしてほしい」

 ――この大会は2年連続出場。昨年は11位だった。予選ラウンドでは石川遼と回る。

 「ワクワクしている。石川とは(米ツアーで)しばらく一緒に回っていないが、どんなプレーをするか気になるね。私にとって今年の初戦。この試合でうまくリズムをつくってゴルフを続けていきたい」

 SMBCシンガポールオープンの主催者は17日、2019年から21年まで3年間、大会を継続することを発表した。

保存
共有
印刷
その他

ゴルフ 一覧

 米男子ゴルフのトラベラーズ選手権は24日、コネティカット州クロムウェルのTPCリバーハイランズ(パー70)で最終ラウンドが行われ、バッバ・ワトソン(米国)が63をマークして通算17アンダー、263で …続き (9:29)

最終ラウンド、1番でティーショットを放つ畑岡=共同

 【ロジャーズ(米アーカンソー州)=共同】女子ゴルフの畑岡奈紗(19)が24日、米アーカンソー州ロジャーズで行われたアーカンソー選手権で米ツアー初優勝を果たした。日本勢の勝利は昨年4月の野村敏京以来で …続き (8:06)

最終日、優勝を決めて喜ぶ成田=共同

 2位に2打差をつけての最終日。成田自身、得意だとの自覚がなかった逃げ切り優勝へ向け、1番のバーディー発進は何よりの精神安定剤となった。1つの貯金ができた心の余裕が、持ち前の攻めのゴルフを引き出してく …続き (24日 23:53)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

会員権相場情報

[PR]