2019年5月27日(月)

ユニクロ、「H&M」のお膝元・スウェーデンに進出

2018/1/17 16:42
保存
共有
印刷
その他

ファーストリテイリング傘下のユニクロは17日、2018年秋にスウェーデンで出店すると発表した。北欧への進出は初めて。スウェーデンはファストファッション大手、ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)のお膝元。ユニクロは昨秋に「ZARA」を運営するインディテックスの地元スペインに出店したばかりで、ファストファッションの頂上対決に挑む。

ストックホルムに出す1号店

ストックホルム中心部で、市民の憩いの場として知られる王立公園に隣接するビルに出店する。地上3階、地下1階の4フロアで、売り場面積は約1580平方メートル。大型店と位置付け、子供を含む幅広い世代にベーシックで機能性の高い商品を販売する。

ユニクロは01年、海外初の店舗を英ロンドンに出した。大量閉鎖を余儀なくされる局面もあったが、その後フランスやベルギーなどの主要都市に店舗網を拡大。昨年9月にはスペインの1号店をバルセロナに開業した。スウェーデンは欧州で7カ国目の出店となる。

ストックホルムには「H&M」の店舗が数多く存在する。北欧の玄関口にも当たるだけに、欧州拡大を進める上で重要な店舗となる。柳井正会長兼社長は「スウェーデンへの出店はヨーロッパ事業拡大の一環だ」とコメントした。

ユニクロは欧州の店舗数を約3年で2倍の100店まで増やす計画だ。イタリアなど新たな地域への出店を進めるほか、ユニクロの知名度が高まりつつあるフランスなどでは地方都市に店舗網を広げる。

ユニクロは中国などアジアを中心に海外で店舗網を築いてきた。進出が遅れていた欧州でも拡大路線を敷き、さらなる成長を目指す。

(原欣宏)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報