設備投資、半導体が主役に 機械受注の構造変化

2018/1/17 14:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民間企業の数カ月後の設備投資を占う機械受注額が、リーマン・ショック後で最大となった。投資の主体として目立つのは5年間で8割増えた「はん用・生産用機械」。あらゆるモノがネットにつながるIoTの需要を映し、半導体製造装置メーカーなどの投資が活発だ。生産用機械からの受注は電気機械を抜き、設備投資の主役になってきている。

11月の機械受注は「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)が前月比5.7%増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]