/

この記事は会員限定です

地方の景況、AIで分析 自治体の人手不足補う

列島追跡

[有料会員限定]

人工知能(AI)を使って地域の景気を分析する動きが始まった。大手シンクタンクの大和総研は全国を9地域に分けた景況指数の公表を始めたほか、東大発ベンチャーのナウキャスト(東京・千代田)も独自の地域指標の開発を視野に入れる。人手不足などで地域別の景気指標を整備できない自治体もあるなか、地元企業や地銀などの経営判断にも役立ちそうだ。

大和総研の「大和地域AI(地域愛)インデックス」は地域の景気の現状を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン