「株の街」に痛手 日証協が脱兜町を決定
日本橋に移転 秋メド

2018/1/17 13:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内証券会社を束ねる業界団体、日本証券業協会は17日、2018年秋にも本部を東京都中央区の「兜町」から移転する方針を決めた。新事務所は中央区日本橋の再開発地区にある新築ビルに置く。「株の街」として知られる兜町では、にぎわいを取り戻そうと再開発が動き出しただけに、証券界の「顔」の離脱は痛手だ。金融ベンチャー企業の誘致など新たな街の担い手作りが急務となる。

日証協は17日午後に定例の理事会を開き、移…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]