/

首相の平昌五輪出席、国会日程調整 自公幹事長が一致

自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は17日午前、都内で会談し、韓国政府が要請している安倍晋三首相の2月の平昌冬季五輪の開会式出席に関し、1月22日召集の通常国会日程を調整する考えで一致した。首相は国会日程を踏まえて判断する意向を示している。会談に同席した自民党の森山裕国会対策委員長は記者団に「隣国で行われるスポーツの祭典である五輪の位置付けからしても、行った方がいいのではないか。国会日程は十分配慮する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン