TOTO食洗機で火災3件 消費者庁、注意呼び掛け

2018/1/17 9:05
保存
共有
印刷
その他

消費者庁は前身の東陶機器が製造し、現TOTOがリコールしている食器洗い乾燥機が原因と疑われる火災が2013年度以降に計3件あったと発表した。リコール対象品のうち修理を終えたものは69.9%にとどまっており、対象品かどうか確認するよう消費者に注意を呼び掛けた。

消費者庁によると、直近では昨年12月27日、千葉県の建物内で製品が燃えた。製品の基板と電源部の接触不良によって異常発熱し、燃えたとみられる。

TOTOは、00~05年に製造し東京ガス大阪ガスにも供給された一部の食器洗い乾燥機計12万5千台弱について、08年からリコールを実施している。問い合わせ先はTOTOのフリーダイヤル0120・950・310。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]