/

アサヒ、「第三」で首位浮上 17年ビール系出荷

アサヒビールが大豆などが主な原料の「第三のビール」の国内シェアで初めて首位に立った。ビール大手5社が16日発表した2017年のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビールの合計)の課税済み出荷量で、第三のシェアが30.0%とキリンビールを0.3ポイント上回った。消費者の節約志向が根強いなか、各社の価格戦略で明暗が分かれたようだ。ビール系全体では出荷量が13年連続で最低を更新し、ピークから3割減った。

第三では、05年以来変わらなかった首位がキリンからアサヒへ交代した。アサヒは17年、第三の主力「クリアアサヒ」で、大幅に刷新した糖質ゼロの「贅沢ゼロ」の販売が好調だった。第三の出荷量は0.4%増の4329万ケース(1ケースは大瓶20本換算)となり、シェアも前年を0.6ポイント上回る30.0%に伸びた。

一方、キリンはシェアを下げた。17年の市場全体の足かせとなったのが6月の酒類の安売り規制の強化だが、キリンは他社に先駆けて1月から自主的に販売奨励金を圧縮。「上半期は他社と売価の差がついた」(キリンビールの布施孝之社長)ことが販売に響いた。

サントリービールは第三で4年ぶりに投入した新ブランド「頂(いただき)」が寄与し、シェアは前年比1.2ポイント増の29.5%まで上昇。第三の比率はビール系飲料全体の3割強まで上昇しており、競争は激しさを増している。

ビール系飲料は麦芽の使用比率や使う原料によってビール、発泡酒、第三のビールの3つに分類される。分類ごとに原価や税率が異なるため、現状では1缶(350ミリリットル入り)のコンビニエンスストアの店頭想定価格はビールの225円前後に比べて発泡酒が約3割、第三が4割近く安い。

一方、ビール系全体では、17年の出荷量は前年比2.6%減の4億407万ケースだった。13年連続で過去最低を更新するとともに、ピークだった94年の5億7316万ケースから約3割縮小した。

安売り規制の強化で価格が上昇したこともあり、ビール系飲料から缶チューハイやハイボールへ消費者が流れる動きは加速している。「顧客は価格に想像以上に敏感だった」(ビール大手首脳)。キリンは3月、ドイツ産のホップを使うなどして、ビールに近い味わいに仕上げた第三の新ブランド「本麒麟」を投入して需要を喚起する。

さらに、4月にはビールの定義が変わり、商品開発の自由度が増す。メーカーは「あらゆる選択肢があり、非常に大きなチャンス」(アサヒビールの平野伸一社長)ととらえ、果実や香辛料を使った個性派ビールを投入して市場を活性化する考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン