パソナ、VRおもてなし研修システムを開発 双方向で学習

2018/1/16 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パソナグループは仮想現実(VR)技術を活用した訪日外国人客向けのおもてなし研修システムを開発した。仮想空間内で受講者と講師が多言語で双方向のコミュニケーションをしながら日本流の接遇サービスを学習することができる。会場を用意しなくても通信環境などがあれば手軽に研修を受講できるようになる。企業や地方自治体などの需要を取り込む。

VR技術を持つSynamon(東京・品川)と共同開発した。飲食店やホテル…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]