野菜高騰、信越の小売り・外食に影響 対策検討も

2018/1/17 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野・新潟両県で野菜価格の高騰が小売業や外食産業に影響を及ぼしている。キャベツや白菜などの葉物野菜の価格が上がり、鍋物食材として同時に使われる魚などの売れ行きにも影響が出始めた。外食でも値上げ要請があれば仕入れ先の変更を検討するという企業もある。持ち直しつつある個人消費に水を差しかねないと信越の各社が神経をとがらせている。

価格の高騰は2017年秋の台風や長雨で九州や関東で野菜が順調に栽培できな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]