東大、2次元画像から3次元の形を認識 AIで高精度に

2018/1/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

東京大学の原田達也教授らは人工知能(AI)を使って2次元の画像から3次元の物の形を高精度で認識する技術を開発した。深層学習(ディープラーニング)で多くの画像を学ばせると、1枚の画像から物の形を推測できるようになり、実物との表面の一致率が6割と世界最高水準になった。空間を認識できるロボットなどに応用し、作業の精度を高める用途を想定する。

原田教授らは様々な角度から表示した飛行機やイスなど13種類の…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]