/

この記事は会員限定です

SBI、AI・ブロックチェーンのファンド 500億円規模目指す

[有料会員限定]

SBIホールディングスは、人工知能(AI)やブロックチェーン技術に関わる企業に投資する新たなファンドを創設する。国内外の大手金融機関や地方銀行が出資する。ファンド規模は200億円程度で立ち上げ、3月末にも500億円規模を上回る見通しだ。先端技術に取り組む企業向けの旺盛な投資需要をファンドに取り込むとともに、ベンチャー企業の成長を促す狙い。

「SBI AI&Blockchainファンド」は1月中に運用を始める。運用業務は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り304文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン