2018年10月18日(木)

H形鋼、1月3000円値上げ 新日鉄住金 需要好調

2018/1/16 15:25
保存
共有
印刷
その他

新日鉄住金は16日、オフィスビルの鉄骨に使うH形鋼の流通市場(店売り)向け1月契約価格を1トン当たり3千円引き上げると表明した。値上げは2カ月連続。製鉄原料の鉄鉱石や原料炭が値上がりしている。需要は建築向けを中心に好調で、品薄が続くと判断した。

H形鋼の流通価格は現在、1トン約8万円。新日鉄住金の鋼材問屋が全額流通価格に転嫁すると、上昇率は4%になる。

外国人観光客に対応するホテルやネット通販の拡大を受けた物流倉庫の建設がけん引し、需要は高水準だ。一方、主原料や輸送費の上昇で製鉄会社のコストは上がっている。新日鉄住金は「輸送手段の確保に苦慮している。輸送を含めた供給能力の制約は当面続く」(建材事業部)という。

新日鉄住金の鋼材を取り扱う流通業者でつくる「ときわ会」が同日まとめた2017年12月末時点のH形鋼在庫は前月末に比べて1.1%多い17万5300トンだった。増加は3カ月ぶり。例年冬場は荷動きが鈍るが、前年同月に比べると0.8%少ない。千葉県浦安市の鋼材問屋、加藤鉄鋼は「在庫量は依然として低水準」と指摘する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報