/

115系「かぼちゃ電車」引退 JR高崎支社管内から

JR高崎支社管内から引退する115系電車

国鉄時代から高崎線や東北本線で活躍し、オレンジと緑色の塗り分けから「かぼちゃ電車」の愛称でも親しまれた115系電車が、3月17日のダイヤ改正までにJR東日本高崎支社管内の定期運行から引退することが決まった。引退を記念して3月21日にさよなら運転ツアーを実施するなどのイベントを予定している。

115系電車は山岳路線や寒冷地に対応した車両で、高崎支社管内では1964年に運用を始めた。現在は両毛線、上越線、吾妻線などの普通列車で使用されている。高崎支社管内から引退後、115系がJR東日本で残るのは新潟支社管内だけになるという。

定期運行終了後の3月21日に、団体専用列車としてさよなら運転を実施する。コースは高崎―横川間往復と高崎―水上間往復の2つで、軽食や記念品付きで1人1万1500円で参加者を募集する。応募者多数の場合は抽選となる。

このほか、首都圏の主な駅を巡り、115系関連の賞品が当たるスタンプラリーや電車をかたどったロールケーキを販売するなどのイベントを実施する。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン