/

この記事は会員限定です

茨城、後進県ではないけれど(こだま)

[有料会員限定]

茨城県立歴史館(水戸市)が21日まで開催しているアーカイブス展「鹿島開発からワールドカップ(W杯)までの歩み」を見に訪れた。同展は通常展示とは別に、公文書館としての役割を担う歴史館が写真や地図、行政文書などで当時の歴史を振り返っている。「陸の孤島」とまで呼ばれた地域が工業地帯へと生まれ変わり、W杯開催に至るさまが分かり興味深い。

鹿嶋市と神栖市にまたがる鹿島臨海工業地帯は、鹿島港の建設や新日鉄住...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン