2018年6月25日(月)

村田選手とアスリート強化システム ミツフジが開発

スタートアップ
2018/1/15 18:38
保存
共有
印刷
その他

 衣服型ウエアラブル端末などを開発するミツフジ(京都府精華町)は15日、プロボクサーの村田諒太氏と共同で、スポーツ選手の体調管理や能力強化に役立つシステムを開発すると発表した。

 村田氏に練習時に同社のシャツ型ウエアラブル端末「hamon(ハモン)」を着てもらい、心拍数などの生体情報データを集めて分析する。スポーツ選手の体調把握やコンディションの管理、能力強化に役立つシステムを開発する。データ収集や解析環境の整備を終えて、村田氏の知見をとりいれながら、2018年3月までに製品化を目指す。

 ミツフジはまた九州工業大学発ベンチャーのTRIART(トライアート、福岡県飯塚市)と提携し、心拍数などの膨大な生体データを高速で分析できるシステムを開発する。

(大阪経済部 香月夏子)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報