2018年11月19日(月)

増える株式報酬、株主との利益共有はこれから
ガバナンスの掟

コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/1/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

役員報酬に株式を充てる上場企業が増えている。固定の報酬が中心だった日本でも業績や企業価値向上に結びつけて報酬を設計する動きが広がっていることを示しているが、現状の手法は中長期の業績との連動性が薄い。役員報酬が巨額になるにつれ、日本企業の「報酬ガバナンス」にも目が注がれるようになっている。

■「譲渡制限付き」は少なく

デロイトトーマツコンサルティング(東京・千代田)と三井住友信託銀行はこのほど、20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報