/

この記事は会員限定です

株主総会、実のある対話へ法改正 株主提案に上限案

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

法制審議会(法相の諮問機関)の会社法制部会(部会長・神田秀樹学習院大院教授)がまとめた会社法改正の試案が15日明らかになった。企業と株主の対話促進と取締役会の改革といった2つの柱を掲げ、1人の株主が株主総会で提案できる議案数を最大10に制限することや、社外取締役の設置の義務付けの是非などを打ち出した。

イブニングスクープ

翌日の朝刊に掲載するホットな独自ニュースやコラムを平日の午後6時ごろに配信します。

2月に開く同部会で正式決定する。パブリックコメント(意見公募)を経て議論を再開し、2018年度中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン