/

20歳以下に無償でプログラミング学習 VC2社提供

ベンチャーキャピタル(VC)のスカイランドベンチャーズ(東京・渋谷)とイーストベンチャーズ(同・港)は15日、20歳以下の「U20」世代を対象にプログラミング学習を無償提供すると発表した。プログラミング学習サービスを手がけるプロゲート(同・渋谷)と提携し、500人を対象に2カ月間費用を負担する。若いうちからプログラミングのスキルを磨き、将来の起業に関心をもってもらう。

U20世代向けのプログラミング無償提供を始めるスカイランドベンチャーズの木下代表(左)とプロゲートの加藤社長(右から2人目)ら

対象は、大学中退や休学中、高卒や高校在学中などのU20世代。スカイランドとイーストが若い世代が日常的に使っているユーチューブやツイッター経由で募集する。プロゲートが提供している通常月額980円(税込み)のプログラミングサービスを2カ月間無償で受けられる。500人分の費用98万円相当はVC2社が負担する。プロゲートによると、2カ月でプログラミングを終えることも可能だが、興味があれば延長もできるという。

スカイランドの木下慶彦代表パートナーは「フェイスブック、ツイッター、グーグルなどは20歳前後の若いエンジニアが生み出した」と、あえて大学を卒業していないU20に絞った理由を説明する。ソーシャルメディアが普及し個人が生み出したサービスが多くの人に届く時代になり、「プログラミングできる人たちが大きな価値を提供できる」と将来性も大きいとみている。

実はプロゲートの加藤将倫社長も東大休学中に今の事業を立ち上げた起業家だ。加藤氏は自らの経験もふまえ、「プログラミングは人生の可能性を広げる強力な武器」と述べ、"後輩"にエールを送っている。

(企業報道部 加藤貴行)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン