未来の手術 支えるハート クロスエフェクト(もっと関西)
ここに技あり

2018/1/15 17:00
保存
共有
印刷
その他

ドクン、ドクンと今にも動き出しそうだ。指でつかんでみるとへこんだり変形したり軟らかい。表面に入った切り込みの中をのぞくと、4つの部屋に分かれ、何本も血管らしきものが伸びる。クロスエフェクト(京都市)が国立循環器病研究センター(国循)の医師と共同開発した3D(3次元)心臓モデルは、外科医が切開や縫合などの手術をシミュレーションできる世界初の製品だ。

コンピューター断層撮影装置(CT)で撮影した画像…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]