/

この記事は会員限定です

「不在」の大統領が統治するアルジェリア

(グローバルViews)

国際アジア部 横田勇人

[有料会員限定]

北アフリカのアルジェリアで、80歳と高齢で病弱の大統領が公の場にほとんど現れないまま、依然として国を「統治」するという異常な事態が続いている。石油と天然ガスに恵まれた同国だが、原油・ガス価格の下落が直撃し、経済は低迷している。外貨準備が急減する一方、リーダー不在の経済改革は停滞したままで、国内情勢は閉塞感が強まっている。

ブーテフリカ氏は1999年から大統領の座にあるが、2013年に脳卒中で倒れた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン