2019年9月18日(水)

サッカー王国通信

フォローする

日本で輝いたブラジル人選手 ジョーも続けるか
サッカージャーナリスト 沢田啓明

(1/2ページ)
2018/1/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

昨年はブラジルの名門コリンチャンスの攻撃の中心として活躍し、ブラジルリーグの得点王(18点)となりMVPにも選ばれたCFジョーが、今年から名古屋でプレーする。

名古屋に加入した元ブラジル代表FWジョーは久々の大物だ=共同

名古屋に加入した元ブラジル代表FWジョーは久々の大物だ=共同

身長191センチ、体重80キロの30歳。タイミングを見計らって最終ラインの裏へ抜け出し、強烈なシュートを叩き込む。空中戦に強く、ポストプレーも巧み。ブラジル代表にも選ばれ、地元開催の2014年ワールドカップ(W杯)に出場。移籍金は推定1100万ユーロ(約15億円)で、近年、ブラジルから日本へ渡った選手の中では別格の大物だ。

これまでJリーグでプレーしてきた外国人選手の多くは、ブラジル出身だ。その内訳は、現役代表で世界的にも知名度が高い超一流選手から本国でもほとんど無名の選手まで千差万別。中には、日本へ渡った時点では全く無名だったがJリーグで急成長し、代表入りした選手もいる。主な選手の系譜をたどってみたい。

来日第1号はネルソン吉村

最初に日本へやってきた選手のほとんどはサンパウロの日系人リーグでプレーしていたアマチュアだった。第1号は1967年にヤンマーに加わった日系人MFネルソン吉村で、MFジョージ小林、FWジョージ与那嶺らがこれに続いた。現在、"辛口解説者"として知られるセルジオ越後だけが、60年代中盤にコリンチャンスでプレーしている。ラモス瑠偉は77年に20歳で来日。読売クラブ、ヴェルディ川崎などで活躍し、日本国籍を取得して代表でもプレーした。

若くして日本へ渡り、日本国籍を取ってW杯出場の夢を叶えた者もいる。

呂比須ワグナーは名門サンパウロFCで育ち、87年、19歳で来日。日産、柏、本田技研、平塚、名古屋などで高い得点能力を発揮した。97年に日本国籍を取得して代表入りし、98年フランスW杯のアジア予選で活躍してW杯にも出場。02年に現役を引退すると、G大阪でコーチとなり、昨季途中から新潟で監督を務めた。今年から、ブラジル1部パラナの指揮を執る。

昨季新潟を率いた呂比須ワグナーは今年、ブラジル・パラナで指揮を執る=共同

昨季新潟を率いた呂比須ワグナーは今年、ブラジル・パラナで指揮を執る=共同

三都主アレサンドロは、94年、16歳で高知・明徳義塾高へ留学。スピードとテクニックを備えたMF、左SBとして清水、浦和、名古屋などで活躍した。01年に日本国籍を取って代表に選ばれ、02年日韓大会と06年ドイツ大会のW杯に出場。15年にブラジルへ戻り、16年までプレーした。現在は、子供のためのサッカースクールを運営する。

鹿島の根幹を築いたジーコ

Jリーグが始まる2年前の91年、世界的な名手だったジーコが住友金属(現鹿島)に入団したのは日本サッカーにとって画期的な出来事だった。すでに全盛期は過ぎていたが、華麗なテクニックでファンを魅了。彼が説いたプロ意識と勝利への執念は、鹿島のクラブとしての根幹を作った(現役引退後は、日本代表、トルコのクラブ、イラク代表などの監督を歴任。現在はリオ市内でサッカークラブを経営するかたわら、解説者を務める)。

90年代の前半から中ごろには、新旧ブラジル代表が続々と日本を目指した。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー王国通信 一覧

フォローする
サウジ戦で先制点を挙げたガブリエルジェズス(中央)=ロイターロイター

 サッカーのブラジル代表がサウジアラビアへ遠征し、12日にサウジ代表と、16日にアルゼンチン代表とそれぞれ国際親善試合を行った。この2試合で最も注目していた選手が21歳のFWガブリエルジェズス(マンチ …続き (2018/10/22)

AP

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、ブラジルは準々決勝で敗退して国民を落胆させた。しかし、ブラジルサッカー連盟はチチ監督のチームづくりの方向性を評価し、監督と2022年W杯まで契約を延長。 …続き (2018/9/15)

ゴール前に立ちはだかるベルギーの高くて厚い壁に跳ね返された=沢井慎也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)準々決勝ベルギー戦で、ブラジルは攻めても攻めてもゴール前に立ちはだかる“赤い悪魔”たちの高くて厚い壁に跳ね返された。シュート数がブラジル26、ベルギー8という数字が示 …続き (2018/7/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。