/

安保法は見直し 民進・希望、統一会派へ合意文書

民進党の増子輝彦、希望の党の古川元久両幹事長は15日午前、都内のホテルで会談し、統一会派の結成に向けた合意文書を取り交わした。安全保障関連法については「違憲と指摘される部分を削除することを含め、必要な見直しを行う」と明記した。実現すれば衆参両院で野党第一会派になる。

両党は22日の通常国会召集に向けて党内手続きを進める方針だが、党内には異論が残っており調整は難航する可能性がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません