/

この記事は会員限定です

働く女性「活躍進んだ」2割 本社調査、管理職は3割

[有料会員限定]

女性の活躍が政府の成長戦略に位置づけられた2013年以降、職場で「活躍が進んだ」と実感を持つ女性は2割にとどまることが日本経済新聞社の調査で分かった。男性中心の組織風土や、育児との両立の難しさが課題だと感じる人が多い。企業は女性社員の育成・登用に力を入れるが、女性が力を発揮しやすい環境整備は道半ばだ。

調査は17年12月、正社員として働く20~50代の女性2000人を対象にインターネット上で実施し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン