2018年12月12日(水)

希望・民進の統一会派、党内手続き分裂含み

2018/1/14 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民進党と希望の党が統一会派を結成して衆参両院で野党第1会派になれば、昨年の衆院選後、立憲民主党が主導権を握ってきた野党の国会運営の構図が変わることになる。ただ、両党内には統一会派結成に異論があり、党内手続きは分裂含みの展開になる可能性もある。

いまの野党第1会派は、参院は民進党、衆院は立憲民主党だ。統一会派が実現すれば衆院の勢力は、希望の党(51議席)と民進党の岡田克也常任顧問が代表を務める「無…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報