2019年1月21日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

ファン「土俵で良さを」 暴行事件で揺れるなか初場所

2018/1/14 18:32
保存
共有
印刷
その他

元横綱日馬富士による暴行事件で揺れた大相撲の初場所初日を迎えた14日、両国国技館(東京・墨田)は多くの相撲ファンで埋まった。横綱による暴行という不祥事に肩を落としながらも、「土俵で相撲の良さを見せてほしい」と角界の再興を願った。

大相撲初場所であいさつする日本相撲協会の八角理事長(中)(14日午後、両国国技館)

大相撲初場所であいさつする日本相撲協会の八角理事長(中)(14日午後、両国国技館)

3回目の観戦という東京都世田谷区の無職の女性(65)は、被害者の貴ノ岩の親方である貴乃花親方の行動について「何も話さず、うやむやのまま年を越してしまった」と残念がり、親方が自ら説明することを要望した。

貴ノ岩は今場所も休場。千葉市の無職の男性(70)は「将来の活躍のためにも早く復帰できれば」と心配した。

また世田谷区の無職の男性(63)は「誰が悪いというのではなく、角界の関係者がみんなで力を合わせて解決するのが大切」と指摘する一方、「土俵で相撲の良さを新たに見せてほしい」と期待を込めた。

横綱白鵬らを従えて土俵に立った日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「各力士が日ごろの稽古の成果を存分に出し切り、全力で土俵を務めてくれることと思います。千秋楽までご声援を賜りますようお願いを申し上げます」とあいさつ。先場所の千秋楽では「心よりおわび致します」と暴行事件を巡って謝罪したが、今回は言及しなかった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

白鵬(左)が碧山を下手出し投げで破る

 平成最後になるであろう天覧相撲。天皇陛下に特別な思いを抱き、平成という時代にこだわりを持つ白鵬にとって、絶対に負けられない一番だった。平成の大横綱は「いつも通りという気持ちで土俵に上がった」と振り返 …続き (20日 23:03)

結びの一番で碧山を下し、貴賓席で拍手を送られる両陛下に視線を送る白鵬(20日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所8日目(20日・両国国技館)一人横綱の白鵬は平幕碧山を冷静に右下手出し投げで仕留め、8連勝で単独首位を守った。ストレート勝ち越しは46度目で自身の最多記録を更新した。
 2大関はともに黒星 …続き (20日 19:23)

(東) (西)
大奄X―X隆勝
豊山0―0琴恵
千国0―1明生
輝 3―5千翔
矢後0―0勢 
佐海6―4大丸
琴勇0―0阿炎
宝富3―4大栄
竜電2―1魁聖
遠藤1―1阿武
千大1―1朝山
嘉風9―5松鳳
正代3―1碧山
栃煌 …続き (20日 18:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]