2018年1月24日(水)

センター試験2日目、理科・数学実施 再試験対象は48人

社会
2018/1/14 11:16 (2018/1/14 17:00更新)
保存
共有
印刷
その他

 大学入試センター試験は14日午前、2日目の試験が始まった。理科、数学の2科目を実施。雪の影響で北陸などで交通機関が乱れたが、大学入試センターによると各会場から試験時間繰り下げの報告は入っていないという。

14日、大学入試センター試験の会場に向かう受験生たち(長野市)=共同

 初日の13日に大阪学院大(大阪府吹田市)の会場で監督者の指示に誤りがあったことが判明。43人が再試験の対象となった。ほかに大雪による交通の乱れで試験開始に間に合わなかった志願者らもおり、再試験の対象者は計48人。

 14日の理科は「物理基礎」「生物基礎」など基礎4科目と、「化学」「地学」など専門4科目の計8科目から受験科目を選択する。専門4科目で平均点に20点以上の差があり、受験者数が1万人以上のときは得点調整をする。

 初日の13日は大雪やセンターのミスなどが原因で、全国27会場で最大3時間、試験開始を繰り下げた。大阪学院大の会場では、受験生1人が嘔吐(おうと)した際、本来は試験室全体で中断すべきだったが、監督者が「影響はない」と判断し継続した。

 今年の志願者は全国で58万2671人。試験場は全国695会場。参加する大学は697校(国立82校、公立89校、私立526校)で、17年より3校増え、過去最多となった。短大は3校減って151校。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報