2018年12月18日(火)

ラグビー

サントリーが2連覇、接戦支えた運動量
ラグビー日本選手権兼TL

2018/1/13 23:30
保存
共有
印刷
その他

・サントリー 12―8 パナソニック(日本選手権兼トップリーグ決勝トーナメント 決勝、1月13日)

試合時間終了のホーンが鳴った後の、ゴールまで5メートル地点でのパナソニックのラインアウト。ボールがこぼれ、審判がノックオンを示す左手をあげたのを見て真っ先に小躍りしたのはサントリーのSOギタウだ。オーストラリア代表として103キャップの百戦錬磨も喜びを爆発させる、しびれる接戦を制した。

開始早々先制したが、相手の司令塔バーンズが負傷で抜けて1人少ない攻撃を止められず、すぐトライを返された。攻め込みながらも密集でボールを出せない反則を繰り返した。警戒していたパナソニックのポーコックにからまれた結果だ。

だが、相手防御のスペースを突く攻撃を最後まで繰り出した。後半はノートライ、自陣ゴール前まで何度迫られても押し返す。後半30分過ぎから始めた攻撃は7分近く続いたが、圧力の強度は落ちなかった。

「どのチームよりもハードワークした自信」(沢木監督)が支えた。毎週1回、試合とフィットネストレーニングを織り交ぜたプログラムは、WTB江見が「1時間の練習だが、80分の試合よりきつく感じた」というほど。選手にGPSをつけ、体調との見合いで一人ひとりの練習量もきめ細かくコントロール。日本選手権に合わせたピーキングにも成功し、ヤマハを粉砕した準決勝も含め、選手の運動量には目を見張るものがあった。

昨季2冠で追われる立場となった沢木監督も、選手の評価基準を一層厳しめに。「去年なら良かったものを今年は『まだできる』と」。指揮官が安易に「いいね!」を押さなくなったことが、選手の向上心をあおった。今季のチームスローガン通りに「ステイ・ハングリー(貪欲であり続けろ)」を貫き、連覇にたどり着いた。

(摂待卓)

1月14日付日経朝刊スポーツ面の記事(部分)

1月14日付日経朝刊スポーツ面の記事(部分)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 国際統括団体のワールドラグビー(WR)は18日、2019年のパシフィック・ネーションズカップの組み合わせを発表し、日本は7月27日にフィジーと岩手県の釜石鵜住居復興スタジアムで対戦することになった。 …続き (12:19)

11月3日に行われたニュージーランドとのテストマッチ。新しい世界大会ができれば、こうした強豪国との試合が毎年10試合程度に増える見込み

 ラグビーの新しい世界大会が創設される方向性になり、国際統括団体ワールドラグビー(WR)が日本に参加を要請していることが複数の関係者の話で分かった。12カ国が毎年、優勝を争う「ネーションズ・チャンピオ …続き (12:00)

 日本ラグビー協会は17日、来年9月20日開幕のワールドカップ(W杯)に向けた日本代表3次候補メンバーを発表し、フランカーのリーチ(東芝)やFB松島(サントリー)ら38人が選ばれた。前回の2次候補より …続き (17日 18:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]