/

この記事は会員限定です

東芝、自己資本プラス転換 WH売却で負担4400億円減

[有料会員限定]

東芝の2018年3月期末の自己資本が約2900億円のプラスに転換する可能性が高まってきた。税務上のメリットを得るため、原発子会社だった米ウエスチングハウス(WH)向け債権とWHの株式の売却を計画。実現できれば今期の法人税負担額が当初計画より最大4400億円減り、今期中の完了をめざす半導体メモリー事業の売却が遅れても債務超過は回避できる。だがメモリー事業に代わる稼ぎ頭は見えないままで、収益源の育成が次の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1621文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン