/

センター試験に「ムーミン」出題 地理B、戸惑いも

13日の大学入試センター試験では地理Bの問題に、世界的な人気キャラクターのムーミンが登場した。ムーミンが北欧のどの国を舞台としたアニメーション作品かを問う内容。インターネット上には戸惑いの声も上がった。

スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの3カ国の気候や貿易などの比較に続き、各国のアニメと言語の正しい組み合わせを問う問題。アニメは、スウェーデンの「ニルスのふしぎな旅」が示され、ムーミンと「小さなバイキングビッケ」のどちらがフィンランドかを選ぶよう求めた。

ツイッターでは「ムーミンは地理に関係ないのでは」など、受験生とみられる恨み言が噴出。ムーミン公式サイトは「まだまだ知られてないんだな、と反省」とつぶやいた。

代々木ゼミナールの担当者は「もう一つの選択肢のバイキングからノルウェーが推測できる。手が込んだ問題だが、ムーミンを知らなくても答えは導ける」と解説した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン